東京の電車で恥を掻かないためのリアルなマナー5つ

郷に行っては何とやら
東京の電車は不安なことがたくさん
初めての東京で嫌な思いをしないために





筆者のスペック

  • 東京に住んで6年、電車通勤は10年越
  • 出身は田舎
  • 電車のお出かけは一大イベント

東京はどこでも電車で行けて便利ですね。一方で、物の数が増えるほど複雑怪奇になってくるもの。偉そうな記事を書いていますが、筆者の出身は関東近郊の田舎です。全く電車がないわけではありませんが、電車に乗るために、まずは駅まで車を使わなければならないくらいの田舎です。

小学生の頃には「電車の乗り方」の授業があって、中学生の修学旅行のときは「新幹線の乗り方訓練」がありました。どんな訓練かというと、列車のドアが開いてから発車までの間に素早く座席に座る、というものです。体育館を車内に見立てて、入口から黙々と入り込むのです。「そんなんじゃ新幹線は発車してしまいますよ!」と、怒鳴られたものでした。

滑稽な話に聞こえるかもしれませんが、新幹線のドアが各車多くても2箇所しかないことや、そもそも電車に乗ったことがない子もいましたから、馬鹿にできません。実際、帰りの京都駅での停車時間は1分でしたから、発車ベルに急かされて車内になだれ込んだことをよく覚えています。私の学年は100人ほどいましたから、訓練の賜物でしょう。

それくらい、電車に乗ることは「一大イベント」な場所出身なので、電車に馴染みのない方にも少しは寄り添えるかと思います。

まずは電車に乗る前に

  • 「Suica」か「PASMO」を持っておく
  • 駅の券売機か窓口で買える
  • ICカードは実質タダ
持ってない人の方が少ないと思う

何か事情がない限りは、絶対「Suica」や「PASMO」のようなICカードを持ちましょう。「TOICA」や「ICOCA」といった、地元のICカードを持っているならば、それで十分です。日本のICカードの歴史はSuicaから始まっているので、大抵の交通系ICカードは使えます。ホームページで確認できますし、もう改札の目の前にいるなら、持っているカードをとりあえずタッチしてみましょう。

  • なぜICカードを持っていた方が良いのか

     いちいち切符を買わなくてよいことが最大のメリットです。残高が少なくなったらコンビニでもチャージできます。運賃を考える必要がないことも大きなメリット。東京の電車は、会社をまたぐ直通運転をしていない方が少ないです。しかし、電車は乗換しなくても運賃はそれぞれの会社に支払わなければなりません。正直、東京に住んでいても、紙の切符だったらどこまでいくら買えば良いかよく分からないです。


  • どこで買えるのか

     駅の券売機で、1分もかからずに手に入れることができます。ちなみに「Suica」はJR、「PASMO」はJR以外の私鉄や地下鉄が発売しています。定期券等でなければ機能は全く一緒なので、どちらを買っても問題ありません。


  • いくらかかるのか

     カードを買うのがもったいない、という人がたまにいますが、カード代は実質タダなので持つことを薦めます。確かに手に入れる際は、500円の支払いが必要です。「デポジット」と呼ばれるものですが、窓口でカードを返却すれば、500円は返ってきます。硬貨を入れると鍵が閉まって、鍵を挿せば戻ってくるコインロッカーのようなものですね。

リアルなマナー①
チャージ残高を確認しておく

  • 人をせき止めたときの視線は痛い
  • 流れに逆らうのも一苦労
  • 自信がないときは残高をチェックしよう
ラッシュ時は人が川のように流れる
  • 突き刺さる視線

     ラッシュ時に改札をせき止めたときの視線は本当に痛いです笑。特に朝は足早な人が多く、常に改札に人が押し寄せてきます。皆が同じ方向に向かって進んでいますから視線が集まるのも当然ですが、それだけでは説明できない冷たさを感じます。


  • 流れを変えるのは一苦労

     自分が残高不足等で改札を通れなかった後、人の流れに逆らって精算機にたどり着くのは一苦労です。また、一度閉まった改札機は再度通れるようになるまでに、一定の時間がかかります。自分が退いた後も改札機はすぐには通れないのです。隣の改札機に移ろうにも、そこにもすでに流れがあるので割って入るのも大変。数えればほんの数秒ですが、朝の5秒10秒は東京で人を苛立たせるのに十分な時間です。
     

  • 自信がないときは残高を確かめておこう

     ICカードが普及し、紙の切符全盛期に比べ乗り越し精算をする人が少なくなりました。加えて、ラッシュは定期券を持っている人が多く、改札に引っかかる人はほとんどいません。他の都市部でも言えることですが、「改札で立ち止まること」に関して厳しい目を持つ人は多いと思います(単純に人が多いからとも言えますが)。人が多いときは「とりあえず一回タッチしてみる」はやめておきましょう。

     券売機や改札機に投入すればすぐに残高をチェックできます。また、自動販売機にはICカードの残高をチェックできる機種もあります。残高不足は事前に防げるもの。余裕を持って、早めにチャージしておきましょう。

リアルなマナー
決められた整列位置に並ぶ

  • 正しく並ぶのは意外と難しい
  • 路線と両数に注意
  • 並び方は駅それぞれ
「1号車」にちゃんと乗れますか?
  • ただ並ぶだけが難しい

    電車を待つときは「整列位置」や「乗車口」に従って並びましょう。
    簡単なように思えますが、決められた場所に正しく並ぶのは意外と難しいもの。「足元のシールに書いてあるじゃん」と思うかもしれませんが、朝夕のガチラッシュのときは人が多すぎて、足元なんて全然見えません。

    また、東京では両数が固定されている路線も多く、そういった路線では案内掲示板を見ても「○両」といった案内は書いていません。10両しか来ないんだからどこで待っても大丈夫、と言われても、初めて乗る路線が何両編成で運転しているかなんて知らないですよね。


  • 何線の何両の電車に乗るのか

    複数路線が乗り入れるターミナルは特に注意。
    整列位置は「路線」「種別」「両数」の3つに大きく分かれます。

    例えば、JR新宿駅の4番線は「埼京線」と「湘南新宿ライン」が同じホームにやってくるので、整列位置が異なります。また、湘南新宿ラインは10両運転と15両運転の2種類があるので、そこでも整列位置が異なります。「とりあえず1号車なら間違いないでしょ」と思うかもしれませんが、10両運転の1号車と15両運転の1号車では、停車位置が4両近くズレます。電車を待っていたら目の前を通り過ぎていく、なんてもこともあるわけです。

    京急線の品川駅では、同じ両数でも「快特」や「急行」といった種別ごとに列が分けられています。
    小田急線の新宿駅では、種別に関係なく「先発(せんぱつ)」「次発(じはつ)」のように、発車する順序によって分けられています。一本電車が出ていったら「次発→先発」の位置に、皆が一斉にスライドするわけです。次々発の電車に乗るために、次発の列から動かない人もいます笑。


  • 並び方は駅による

    並び方は駅によって様々。
    同じ路線でも、さっきは「2列でお並びください」と書いてあったのに、他の駅では「4列でお並びください」と書かれていたりします。ラッシュ時は一苦労ですが、周りをよく見て並び方を確認しましょう。

整列位置が分けられているような大きな駅であれば、日中帯に誰も人が並んでいないのは基本的にありえません。整列位置を間違えているか、通路や階段を避けたところまで整列位置が離れている可能性が高いです。割り込みは厳禁。通勤時のトラブルは毎日のように起こっています。十分注意しましょう。

どこに並ぶ?

リアルなマナー③
降りる人が先

  • 基本的に誰か降りる
  • 待つときはドアの両サイドまで進む
  • 乗り込んだら車両の奥まで進む
譲り合う余裕が大切
  • すぐに乗り込まない

     日中帯であれば、基本的に誰か降りてきます。自分が列の一番前だったときは、すぐに乗り込まず一旦様子を見ましょう。空いている席を見つけたらすぐに確保したくなりますが、降りる人を待たず入り込むのはトラブルの元です。


  • 待つときはドアの横まで進む

     降りる人がいるときは、開いたドアの横で待機。降りやすいように道を開けてあげましょう。駅によっては、予めドアの両サイドに人が来るよう整列位置が設けられています。つまり、一つのドアに対して左右2ヶ所に整列位置があります。左側の列のときは開いたドアの左側で、右側の列のときは開いたドアの右側で、降り終わるのを待ちましょう。


  • 乗り込んだら車両の奥まで

    車内が混んでいて席に座れないときは、なるべく車両の奥まで進みましょう。ドア付近は毎駅乗降があり落ち着きません。中程まで進むときは少し苦労するかもしれませんが、結果的に自分を楽にしてくれるはず。すぐに電車を降りないときは、車内の奥まで。

リアルなマナー
降りる人がいたら一旦降りる

  • ラッシュ時のドア付近は忙しい
  • 一旦降りるときはドアの両サイドでOK
  • 一度開いたら何駅も続くパターンが多い
満員で能力を発揮する配置
  • ラッシュ時のドア付近は大変

    ラッシュ時のドア付近は、降りる人と乗る人のせめぎ合い。ただ乗っているだけでも気遣いで大変です。車内の奥まで人が一杯だと、どうしてもドア付近に立たざるを得ないときもあります。そんなときに電車から降りようとしている人がいたら、一旦ホームに降りて道を開けてあげましょう。


  • 一旦降りるときはドアのすぐ横でOK

    一旦ホームに降りるときは、乗車するときのようにドアの両サイドでOK。新たに電車に乗る人の長蛇の列があっても、列の最後尾まで行かず、先頭の人よりも前で待機して大丈夫です。はじめから電車に乗っていたのだから当然、というのもあります。しかしそれ以上に、一番後ろまで行ってしまうと「乗ってきた電車に乗れない」ということが起こり得ます。降りる人以上に乗る人がいると、電車が混み過ぎて自分が乗れなくなってしまうのです笑。それでは譲り損ですから、あくまで自分が乗るポジションは確保しておきましょう。


  • ずっと右側のドアが開きます

    首都圏では、片側2本ずつ線路がある「複々線」の路線が多くあります。
    4本の線路に無駄なくホームを作るとなると、2本の線路で1つのホームを挟む「2面4線」になります。1・2番線で一つのホーム、3・4番線で一つのホームと言った感じです。すると、複々線が続く限りずっと同じ側のドアが開くことになります。

    例えば、JR山手線とJR京浜東北線は「田端〜品川」間を並走して走ります。田端から途中の田町まで13駅ありますが、その間山手線はずっと左側、京浜東北線はずっと右側のドアが開きます。

    ドア付近にいると、先に挙げたような気遣いを何度もしなければならない可能性がありますから、極力車内の中程まで進むことをおすすめします。

リアルなマナー
荷物は前に抱える or 棚の上へ

  • リュックは前に抱える
  • 棚を活用する
  • ラッシュ時間帯を避ける
棚がキツければ前に抱えよう
  • リュックは前に抱える

    大きな荷物があるときは、前に抱えるようにしましょう。
    特に混雑時、リュックを背負ったままだと特に嫌われます。「後ろだろうが前だろうが体積は変わらない」という声もありますが、問題はそこではありません。

    座席の前に立った場合、背負ったままだとその分人が立てるスペースが取られてしまいます。前に抱えることで、その分のスペースに余裕が生まれます。自分の前に座っている人の足や膝の上に、リュックが「浮かんでいる」状態になるからです。東京のラッシュは、そのレベルで考える必要があります。

    また、リュックを背負っているのと抱えるのとでは、目の届く範囲が違います。混雑時、背負ったリュックや付けているキーホルダーが人に当たっているにも関わらず、気づいていない人がたまにいます。前に抱えていても当たるのは同じですが、無意識で当たってくるのと、分かっていて仕方なく当たっているのでは、受け取られ方が違います。トラブルの元ですので、リアルに気をつけましょう。


  • 棚を活用しよう

     座席の上には棚があります。いわゆる「網棚(あみだな)」ですが、首都圏で「網」がある電車はほとんどなくなりましたね。最近の車両は、この棚が低く作られているものも増えてきました。とはいえ、上にあげるのはそれなりに一苦労。そんなときは、せめて前に抱えるようにしましょう。
     

  • ラッシュ時間帯は避ける

    元も子もない話ですが、時間の調整が効くのであれば、ラッシュ時間を避けて電車に乗ることをおすすめします。旅行や出張で大きなキャリーバッグ等が必要なときもあるでしょう。しかし、朝の満員電車でキャリーバックと一緒に乗り込むのは、中々視線を感じます。「超満員」と「満員」でもかなり違うので、ほんの少し早くorほんの少し遅く電車に乗るようにしてみましょう。

    電車の混雑具合は、鉄道会社のHPやアプリで見られるようになってきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、筆者的「東京の電車で恥を掻かないためのリアルなマナー」でした。マナーやルールと聞くと、あまり良い響きに聞こえない方もいるかもしれません。しかし、本来は皆が気持ちよく過ごせるように始まったものです。一人ひとりが、ほんの少し気遣ってあげるだけで、車内の雰囲気はグッと良くなります。

電車は慣れが必要な部分も多くありますが、使いこなせばこんなに便利な移動手段はありません。賢く利用して、もっと東京を楽しみましょう!


筆者は大人になるまで
満員電車に乗ったことがありませんでした。
詳しくは各社のサイトをご覧くださいね。

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次