東京のバスで慌てないための乗り方

入口は前?後ろ?
運賃は前払い?後払い?
初めてのバスで慌てないための乗り方





「前乗り・先払い」
「後乗り・後払い」
を区別しよう

  • 前乗り・後乗りに注意
  • 23区内は均一運賃がほとんど
  • 23区内は前乗り・先払いがほとんど

この記事では

進行方向一番前にあるドアが「前ドア」(写真では左)
中央にあるドアが「後ドア」

としています。前ドアからの乗車は「前乗り」、後ドアからの乗車は「後乗り」です。
東京のバスはこのタイプの車種とドア配置が基本です。バス会社のHPでもこの表記が大半です。

この記事では

進行方向一番前にあるドアが
 「前ドア」(写真では左)

中央にあるドアが「後ドア」

としています。前ドアからの乗車は「前乗り」、後ドアからの乗車は「後乗り」です。
東京のバスはこのタイプの車種とドア配置が基本です。バス会社のHPでもこの表記が大半です。

  • 前乗り・後乗りに注意

    東京では23区内外を境に、乗り方や運賃体系が変わることが多いです。同じバス会社でも、路線によって違います。バス停にも書かれているので、よく確認しましょう。

    ちなみに筆者の地元では、ここでいう後乗りのことが「中乗り」と呼ばれていました。後乗りはというと、本当に最後部のあたりにドアがある車種があって、それが「後乗り」でした。筆者も当初混乱したので、共感していただける方は特に気をつけましょう。


  • 23区内は均一運賃がほとんど

    東京23区内の路線では、バス会社を問わず「均一運賃」であることがほとんどです。どこまで乗っても運賃は変わりません。そのため、整理券や運賃モニターもありません。


  • 23区内は前乗り・先払いがほとんど

    東京23区内の路線では、バス会社を問わず「前乗り・先払い」であることがほとんどです。均一料金なので、支払いは先に済ませます。運賃箱は運転手さんの目の前にあるので、必然的に前乗りになります。

前乗り・先払いの乗り方

  • 乗るときは前のドアから
  • 支払いは乗車したらすぐ
  • 降りるときは後ろのドアから
スタンダードな都営バスのスタイル
  • 乗るときは前ドアから

    扉の開いた「前ドア」から乗車しましょう。乗車したら、運転手さんのすぐ横にある運賃箱で支払います。ICカードで支払う際には、駅の改札機のようにタッチすればOKです。大体青く光っています。

    残高チャージは、1000円単位のみチャージできるバスがほとんどです。
    乗車時の残高不足は遅延につながるほか、他の人の視線も痛いので、事前にチャージしておきましょう。コンビニですぐにチャージできますよ。


  • 均一運賃

    例えば、東京23区内を走る都営バスは
    大人は現金・IC運賃ともに210円
    小児は現金110円・ICが105円です。

    なお、「学バス」や「深夜バス」といった少し特殊なバスのみ、運賃が異なります。詳しくは公式サイトでお確かめください。

    バス会社によって運賃は異なりますが、大人の場合は200円前半が多いです。


  • 降りるときはそのまま後ドアから

    降りるときは「後ドア」から降ります。支払いは済ませているので、そのまま降りてOKです。ICカードのタッチなども必要ありません。

後乗り・後払いの乗り方

  • 乗るときは後ろのドアから
  • 支払いは降りるとき
  • 降りるときは前のドアから
全国的にはこっちがスタンダード
  • 乗るときは後ドアから

    扉の開いた「後ドア」から乗車しましょう。乗車したら、乗車口の右側から出ている「整理券」を取ります。ICカードの場合は、駅の改札機のように一度タッチします。


  • 距離別料金

    運賃は距離によって変動します。全国的にはこちらの方がスタンダードですね。
    車内に表示されている運賃モニターで、運賃を確認します。
    整理券であれば、券に書かれている番号を確認し、モニターで番号の下に書かれている数字が運賃です。整理券に「5」と書かれていて、モニターの「5」の下に「500」とあったら運賃は500円です。


  • 降りるときは前ドアから

    降りるときは「前ドア」から降ります。
    現金の場合は、整理券と一緒に運賃箱へお金を入れます。ICカードの場合は、運賃箱に付いているICカードリーダーにタッチすれば、自動で計算・引き去ってくれます。

何事も例外は付きもの

  • 前乗り・先払いがある
  • 乗車時にバス停を申告
  • 市境・都県境またぎは注意
吉祥寺駅前の西武バス。吉祥寺は23区ではないが前払い
  • 前乗り・先払いの洗礼

    何事にも例外はつきもので、前乗り・先払いのバスがあります。例外ではありますが、意外とあるので、乗車前によく確認しましょう。


  • バス停は正確に申告

    前乗り・先払いでは、申告に従って運転手さんが運賃箱を設定します。つまり、乗車時にバス停の名前を正確に伝えないといけません。バスの場合、「〇〇一丁目」「〇〇三丁目」のように名前が似ている停留所が多いです。うろ覚えでは運転手さんを困らせてしまうので、先払いが分かったときにはすぐにバス停の名前を言えるように準備しましょう。


  • 市境・都県境またぎに多い

    区と市をまたぐときや、東京都と他県をまたぐ路線は、この前乗り・先払いが多いです。とはいえ、降りるバス停が都内の場合、そこまで気が回らないこともあるはず。筆者もどの路線が先払いかなんて、全く分かりません。バス停に書いてあればその指示通りに、運転手さんに聞かれたら答えればよいだけです。降りるバス停の名前だけ、きちんと把握しておきましょう。

その他東京のバスで思うこと

  • 東京=都バス一強ではない
  • 都心はバスの見本市
  • バスの会社という衝撃
右下から、東急バス・小田急バス・ハチ公バス・東急バス・京王バス・京王バス。駐車しているのも京王バス
  • 都バス一強ではない

    筆者は田舎出身で、「バスといえば〇〇バス一択」みたいな環境で育ちました。

    山手線の内側、いわゆる都心部は都営バスが中心です。しかし、新宿や渋谷といったターミナルには数多くのバス会社が乗り入れています。23区内においては東急・小田急・京王・西武・東武・京急など、挙げればキリがありません。
    同じ会社であれば路線の一覧がありますが、周辺を走る他社バスと見比べる路線図はあまりありません。そこまですると情報量が膨大になり、逆に見づらくなってしまうので仕方ありませんが、「このバスでも行けたじゃん」みたいなことがたまにあります。


  • 入り乱れるバス

    上の写真は渋谷駅周辺の様子ですが、様々な会社・車種のバスがやってきます。見ている分には楽しいですが、乗るときには未だに戸惑います。
    ちょうど小田急バスと東急バスが写っていますが、どちらも「赤いバス」でよく似ています。たまにある、一台丸ごと広告の「ラッピングバス」だと、もうどこのバスだか分かりません。

    渋谷の東急百貨店の前から京王バスに乗ろうと待っていたら、東急バスがやってきたことがあります。「バス停を間違えた」と思って離れようとしていたら、その後に京王バスがやってきました。違うバス会社間による「共用バス停」のパターンもあるので、もう大混乱です(きちんと見れば書いてあります)。

     
  • バスが本業の衝撃

    もちろんどのバス会社も「バスが本業」です。しかし、多くの場合はグループの鉄道を利用してもらうために走らせていることがほとんどです。
    筆者の地元も「〇〇鉄道バス」で、バスの方が運行範囲が広く、鉄道の方は典型的なローカル線でした。「〇〇鉄道」と聞いて、鉄道よりもバスの方を連想することが多いのは、地方あるあるでしょう。そのため、筆者には「バス=鉄道関連」のイメージがありました。

    そんな感覚だったので、「国際興業バス」や「関東バス」に出会ったときの衝撃は忘れられません。他の都市にも目を向ければ、鉄道会社が母体でないバスはたくさんありますが、筆者としては新鮮な感覚でした。

以上、東京のバスの乗り方でした。

バスは全国どこでも大体同じ形なのに、会社や路線の癖が強い乗り物です。沖縄や宇都宮で「前乗り・前降り」を見たときの衝撃は今でもよく覚えています。ともあれ、大抵のバス停には乗り方や支払い方法が明記されています。まずはバス停の案内板をよく確認すれば間違いありません。

バス会社の公式サイトを見てみると、「バスの乗り方」の解説ページがあります。事前に乗るバスが分かっているときは、一度チェックしてみましょう。

都内のバスは本数も多く、使いこなせばとても便利な交通手段です。
賢く使って、もっと東京を楽しみましょう!


ICカードの便利さはバスに乗るときが
一番強く感じます。
詳しくは各社のサイトをご覧くださいね。

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次