【東京の地下鉄は2種類】「東京メトロ」と「都営地下鉄」の違い

便利と不便は紙一重
初めての東京の地下鉄で迷わないための
ポイントまとめ





東京の地下鉄は2種類

丸いリングが地下鉄の目印
  • 2つの地下鉄をしっかり区別しよう

    東京には「東京メトロ」と「都営地下鉄」の2つの地下鉄が走っています。東京メトロは「東京地下鉄」が、都営地下鉄は「東京都交通局」が運営しています。大体は「メトロで帰る」「都営で帰る」といった感じで呼ばれています。「地下鉄で帰る」はあまり聞きません(筆者の周りだけかも)。

似て非なる2つの地下鉄

このくらい主張してもらえると分かりやすい
  • 似ていても全く異なる鉄道

    あまりピンとこない方もいるかもしれませんが、2社は明確に異なる鉄道事業者です。例えば、同じ「新宿駅」でも改札は別にあり、基本的に通り抜けもできません。買う切符も運賃も異なります。特に地下は迷宮なので(何年住んでも迷うときは迷う)、一つの間違いで大事なイベントに間に合わない、なんてことになりかねません。利用する前に、違いをよく理解しておくと安心です。

どちらの方が上、とかはない

新宿駅にあるマニアックな路線図
簡略化しているが東京メトロと都営地下鉄が
混在している
  • どちらも便利、どちらも必要

    違う鉄道とは言っても、同じ区間で競い合っているわけではなく、基本的にはお互いの路線が被らないようにレールが敷かれています。そのため、「メトロと都営、どちらで行こうか」と悩むことはほとんどないはずです。ここから上野に行くならならメトロで、築地に行くなら都営で、と言った感じで自然と使い分けることになります。どちらの鉄道の方が上、ということはありません。

東京メトロは青い「M」

どの駅でも統一されているので
分かりやすい案内サイン
  • 東京メトロの出入口は青い「M」マーク

    東京メトロは青い「M」がシンボルマークです。階段や改札付近の至る所に掲出されており、とても分かりやすいです。
    上の写真のように、出入口ひとつ取っても、これでもかと貼ってあります。

都営地下鉄は緑の「イチョウ」

イチョウは東京都のシンボル
  • 都営地下鉄の出入口は緑の「イチョウ」マーク

    都営地下鉄は緑の「イチョウ」がシンボルマークです。こちらも階段や改札付近の至る所に掲出されており、とても分かりやすいです。
    イチョウは東京都のシンボルであり、地下鉄のみならず都営バスにも同じマークが採用されています。

    ガードレールやマンホールなど東京の至るところで見ることができるマークで、「THE・公共交通機関」という感じが筆者はとても好きです。

都営地下鉄は「都営〇〇線」

必ず「都営」が書いてある
  • 都営には必ず前置きがある

    東京メトロと都営地下鉄を見分ける最も簡単な方法は、「都営」という文字を見つけることです。都営地下鉄には4つの路線がありますが、いずれの路線も「都営浅草線」「都営三田線」「都営新宿線」「都営大江戸線」と言ったように必ず前書きがあり、区別しやすくなっています。

入口が同じことはよくある

3事業者共通の出入口
  • 改札は違っても出入口が同じことはよくある

    東京メトロと都営地下鉄で、改札へと続く出入口が同じことはよくあります。共用していたり、ビルや地下街に直結していたりと、境界が曖昧なのが地下鉄の特徴です。上の写真のように、シンボルマークの案内サインがある場合には必ず地下でつながっているので、安心して降りましょう。

地下鉄が地下とは限らない

渋谷駅のシビれる階層図
  • 地下鉄が下にあるとは限らない

    東京メトロ銀座線の渋谷駅は地上3階にあります。東京メトロ丸ノ内線の四ツ谷駅もJR中央線の上を走っています。そのため、目当ての路線に乗ろうと思って下ばかり見ていると、いつまでもたどり着くことができません。他の都市にも地上へ顔を出す地下鉄はありますが、東京の場合は都心部であっても地上・高架区間があったり、他の路線よりも階層が上にあることがよくあります。どの駅も案内サインで丁寧に示してくれているので、思い込みで見逃すことがないように気をつけましょう。

以上、筆者的「初めての東京の地下鉄で迷わないためのポイントまとめ」でした。慣れてしまえばとっても便利な東京の地下鉄。賢く使って東京を楽しみましょう!


実はメトロと都営が同じ線路を走る
変態区間があったりしますが
それはまたの機会に。
詳しくは各社のサイトをご覧くださいね。

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次