【有明アリーナ】アクセス・最寄りまとめ

ウォーターフロントのニューフェイス
有明アリーナ





有明アリーナのアクセスについて

「有明アリーナ」は2022年8月20日に開業しました。こけら落としからあっという間に1年が過ぎましたが、まだ場所やアクセスのイメージがつかない方も多いはず。下はアクセスのイメージです(一部バス停留所は割愛しています)。
また、新橋~臨海副都心を結ぶ「東京BRT」についても、ゆりかもめ「有明テニスの森」駅付近に停車するようになりました。なお、2020年東京オリンピックの開催に合わせて整備された新しい交通手段であり、現在もプレ運行として営業しています。詳しくは公式サイトをご覧ください(本記事では触れません)。

はやく行くなら

りんかい線

はやく着く・はやく帰るなら「りんかい線」がおすすめです。都心部とのアクセスも良く、一度にたくさんの人が乗ることができます。効率的に時間を使いたい方におすすめです。りんかい線を利用した場合、最寄り駅は

新宿・大崎方面からは
「国際展示場(こくさいてんじじょう)」駅

新木場方面からは
「東雲(しののめ)」です。

  • 都心・各方面とのアクセスが抜群

    言わずと知れた「りんかい線」。新木場〜大崎間を結んでいる他、JR埼京線と直通運転を行なっており、各都市からのアクセスは抜群です。所要時間は、池袋から最速29分・新宿から24分です。渋谷・大崎・大井町と経由していくので、神奈川方面はもちろん、埼玉でも埼京・川越線に近い方は、りんかい線一択でしょう。一方、東京東部や千葉方面も、新木場駅で乗り換えができるので、方面を問わずとても便利な路線です。


  • 輸送力◎で素早く帰れる

    りんかい線はすべて10両編成で運転されており、輸送力は抜群。筆者もりんかい線で帰りましたが、入場規制等もなく、座ってゆったり帰ることができました。土休日の日中帯は、約6〜10分間隔で運転されています。


  • 駅・周辺の施設も充実

    国際展示場駅のすぐ近くには「東京ビッグサイト」があるため、コンビニや飲食店・ホテル等も充実しています。試合前やライブ終わりの腹ごしらえに、困ることはありません。また、駅のトイレ等も多く設置されています。東雲駅は観光向けの駅ではありませんが、周辺にはカフェやコンビニくらいなら普通にあります。
国際展示場駅
改札は一つだけ
国際展示場駅前
  • 有明アリーナまでは一番遠い

    国際展示場駅・東雲駅ともに、有明アリーナまでは徒歩約17分となっています。筆者も実際に歩きましたが、文字通りです。東京都心部ではかなり歩く方でしょう。15分前に到着しても、開演時間には間に合いません。新しい街なので歩道は広く確保されており、道も平坦で歩きやすいです。しかし、炎天下や極寒のときは、体に堪えるかもしれません(埋立地なのでとにかく風が通る)。


  • 周辺案内は特にない

    アリーナで行うイベントであれば、人の流れについて行けば確実に辿り着けます。道順も単純です。しかし、道沿いに逐一案内はありませんでした。初めて訪れる際は、地図頼りになるかもしれません。ちなみに、有明アリーナは高速道路やビルに隠れていて、りんかい線ルートの場合は、直前まで見えません。


  • 海辺の景色は皆無

    アリーナと直接の関係はありませんが、りんかい線は臨海部の大半が「地下区間」です。もしも、車窓に期待してしまうと残念な感じになってしまうので、念の為。夏は涼しく冬は暖かいです。当然駅を出たらアリーナまでたくさん歩く時間があるので、十分景色も楽しめます。
東雲駅
改札は一つだけ
東雲駅前

のんびり行くなら

ゆりかもめ

ゆったり・のんびり移動するなら「ゆりかもめ」がおすすめです。車窓は抜群に良く、新橋・豊洲始発なので、待てば確実に座ることができます。ゆりかもめを利用した場合、最寄り駅は

豊洲方面からは
「新豊洲(しんとよす)」

新橋・汐留方面からは
「有明テニスの森(ありあけてにすのもり)」です。

  • 行きは座っていける

    こちらも言わずと知れた「ゆりかもめ」。新橋〜豊洲間を結んでいます。りんかい線を除いた路線との乗り換え駅は新橋・汐留・豊洲のみとなっており、多くの人が新橋・豊洲から乗車します。しかし、どちらも始発駅ですので、待てば確実に座っていくことができます。
    日中帯に至っては、平日よりも土休日の方が本数が増える数少ない路線です。日中帯でも4〜5分間隔で運行されており、本数がとても多いです。


  • 有明アリーナにまぁまぁ近い

    有明テニスの森駅・新豊洲駅ともに徒歩約8分となっています。目の前という程ではありませんが、十分許容範囲です。どちらの駅からも、道のりはほとんど直線なので、迷う心配はないでしょう。駅の改札は一つだけ、出口に大きな地図があるので、とても分かりやすいです。


  • 遅れは少なく車窓も抜群

    ゆりかもめは「全線高架」です。踏切が無いのはもちろん、ホームドアも全駅完備。人が立ち入る隙がない作りで、遅れが非常に少ない路線です。また、いつ見ても車窓が抜群に良く、観光がてら利用するのに最適です。新橋・汐留のオフィスを抜け、レインボーブリッジを渡り、東京タワーと東京スカイツリーを同時に展望できます。ライブや試合前に気分を高めたり、帰り道に夜景を見ながら余韻に浸れば、言うことなしです。
新豊洲駅
改札は一つだけ
新豊洲駅前
有明テニスの森駅もほぼ同じ設備
  • 新橋からの所要時間は長め

    所要時間は、新橋〜有明テニスの森が約25分・新豊洲は28分です。というのも、ゆりかもめはお台場周辺をぐるりと周遊するように走っているため、有明に行く際はかなり遠回りします(そこが楽しいところでもある)。ちなみに、新豊洲の次は終点の豊洲です。ほぼ全区間を乗り通します。


  • 豊洲からは2分で着く

    逆に、豊洲から新豊洲は2分で着きます。歩くと12分かかります。悩む距離感ですね。炎天下や極寒のときには馬鹿にできませんが、心地良い季節やライブ終わりの夜なんかは、豊洲駅まで歩くのもアリです。ちなみに運賃は、紙の切符が190円・ICカードが189円です。汗をかいた分、ジュース代やお菓子代にしても良いかもしれませんね。


  • 輸送力は少なめ

    ゆりかもめは、りんかい線のような通常の電車よりも車両が小さく作られています。バスと電車の間といった感じで、駅もコンパクトです。従ってトイレも少なめ。本数があるので輸送力自体はありますが、一気に人が押し寄せると混雑します。コンビニはどちらの駅も少し歩くとありますが、駅の目の前やアリーナまでの通り道にはありません。
ゆりかもめは無人自動運転
どこを見ても良い景色

とにかく歩きたくないなら

都営バス

とにかく歩きたくない方には「都営バス」があります。目の前まで連れていってくれます。なお、公式では一切案内していません。筆者もあまりおすすめしません。都営バスを利用した場合、最寄りの停留所は

「有明小中学校前(ありあけしょうちゅうがっこうまえ)」です。

停留所を通るバスは以下の3つの系統があります。都バスは物凄い数の系統があるので、行き先だけ・番号だけに捉われず、よくお確かめください。

・都営バス【都05-2】
 東京駅丸の内南口 〜 東京ビッグサイト

・都営バス【東16】
 東京駅八重洲口 〜 東京ビッグサイト

・都営バス【海01】 
 門前仲町 〜 東京テレポート駅前

  • とにかく近い

    最寄りを名乗るのに相応しい距離感に停留所があります。【都05-2】系統に至っては、降りたら目の前に「有明アリーナ」があります。【東16】【海01】系統は通りが違うため距離が離れますが、それでも十分な近さです。


  • 東京駅・豊洲駅門前仲町駅からダイレクト

    所要時間は門前仲町から約20分・東京駅丸の内南口から約25分・東京駅八重洲口から約30分です。

    【都05-2】【東16】は東京駅が始発です。タイミングを合わせれば座っていくことができます。乗継を加味すれば、電車よりも早く楽に行けるかも。

    【東16】【海01】は豊洲駅を経由します。豊洲からゆりかもめを使わずに行くことができます。

    【海01】は門前仲町始発です。東西線や千葉方面との相性○。都バスはまさに「穴場」です。


  • お得な運賃

    東京23区内は均一料金です。いずれも「一般系統」なので、現金・IC払い共に210円です。乗車時前払いなので、一度乗ってしまえば後はゆったりできます。豊洲・月島・晴海エリアは景色の良い地域なのに、地上を走る電車がありません。バスならではの新鮮な景色をお得に楽しめます。
東京駅丸の内南口
有明小中学校前
右の白いのが有明アリーナ
  • 到着時間が読めない

    鉄道のように時間が読めないのが難点。特に八重洲・築地・豊洲エリアは、タクシーや事業用車がバンバン走ります。20分も30分も遅れることはありませんが、前提として「ナビ通りの時間には着かない」と思っておきましょう。早めに到着するバスを選べば、問題ありません。


  • 混雑時間が読めない

    筆者は日曜の15時頃に【都05-2】を利用しましたが、「ビックサイト」と「有明ガーデン」に向かう人で超満員でした。と臨海副都心を結ぶ通勤通学需要でそもそも「有明アリーナ」が開業する前から、とても需要がある系統です。

    混雑するだけならまだしも、そもそもバスに乗れない可能性もあります。都内を走るバスは本当にどうしようもないほど満員のときには、人が待っていても通過することがあります。大切なライブや試合の時間が差し迫っているときには、リスクが高い選択となります。


  • 輸送力は△

    都営バスは上の写真のような、よくある大きさのバスです。いずれの系統も、土休日の日中帯は約10〜20分に1本の間隔で運行されています。聞くと多いような気がしますが、10分おきに1両編成の電車が来るようなもので、1万人のアリーナの観客に対応するには、明らかに輸送力不足です。そのためか最も「近い」交通手段でありながら、有明アリーナの公式サイトで「アクセス」に載っていません。筆者的にも、あまりおすすめはできません。

番外編:違いを見せるなら

シェアサイクル

都内ではすっかりお馴染みとなった「ドコモ・バイクシェア」。有明エリアにも、サイクルポートが多数設置されています。

残念ながら、有明アリーナのすぐ近くにはポートがありません。最も近くて便利なのが「有明ガーデン」に設置されているポート。「有明テニスの森駅」や「新豊洲駅」よりも近くに停めることができ、体力も時間も節約できます。「国際展示場駅」「東京ビッグサイト」「豊洲駅」にも大きなポートが設置されています。

実は筆者、以前「東京ビッグサイト」→「有明小中学校前」を都バスに乗ろうとしていたところ、乗り遅れてしまいました。開演時間も迫っていたため、急遽シェアサイクルを借りたのですが、なんと目的地のバス停でそのバスに追いつきました。ちなみに、周辺の道は「自転車ゾーン」と「歩行者」ゾーンに分かれているので、ストレスもなくスイスイ。ライブTシャツの代表列を横目に、颯爽と抜かしていくのは爽快でした。

「ドコモ・バイクシェア」については下記の記事でまとめていますので、気になった方はご覧になってみてください。

番外編2:結局のところ

タクシー

資金に余裕のある方、逆に時間に余裕のない方は、タクシーも選択肢の一つです。アリーナの目の前は「晴海通り」なので、真っ直ぐ行けば銀座や東京駅も10分くらいで行けてしまいます。裏を返せば、りんかい線やゆりかもめの駅からアリーナへ行くのに、タクシーを使うのはもったいないかも。また、有明アリーナにタクシー乗り場はありませんのでご注意ください。

まとめ

以上、有明アリーナへのアクセスまとめでした。筆者的には、前評判ほどアクセスが悪いとは感じませんでした。駅まで行けば電車はバンバン来ますし道のりも単純なので、誰でも行きやすいと思います。今後もたくさんの人に愛されることを願っています。


なぜか公式サイトに外観の写真が
一枚も載っていない有明アリーナ。

筆者も初めて訪れたときは
一枚も撮らなかったから不思議。

詳しくは有明アリーナ
式サイトをご覧くださいね。


(2023.11.25 一部加筆・修正しました)

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次