快適過ぎた【グランクラス】

覚えてしまった快適さ
グランクラスのレビュー





聞いたことはある「グランクラス」

だいぶ馴染んできた感じのある「グランクラス」。聞いたことはあるけれど、実際に使ったことはない、という方も多いのではないでしょうか。筆者もそうです。グリーン車すら乗らないのに、その上なんてとてもとても。

ある日、比較的長い距離を移動することになった筆者。世間は夏休みということもあり、指定席も満席状態。座れたとしてもなんだか車内は忙しなそう。そこで今回、満を持して「グランクラス」を利用することに。

「グランクラス」は「グリーン車」のさらに上

グランクラスとは

「グランクラス」は、北海道・東北・上越・北陸新幹線で行われているサービス。座席の幅や間隔が普通車と比べてゆとりがあることに加え、ドリンクや軽食といったサービスが付いてきます。なお、グランクラスサービスのある列車は限られている他、サービス内容も季節や区間によって変わります。詳しくはJR東日本の公式サイトでご確認くださいね。

今回は、東北新幹線の上り列車で利用しました。グランクラスは北海道・東北新幹線は10号車、上越・北陸新幹線は12号車にあります。いずれも東京に向かって一番後ろの車両です。

・ハイグレードなシート
・ドリンクと軽食サービスつき
・乗る前によく確かめて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9213-scaled.jpg

新幹線はテンション上がる

新幹線は仕事や旅行でたまに乗る程度。やっぱり何回乗ってもテンション上がります。静まり返ったホームは独特な雰囲気があります。特に東北新幹線は雪が多く降るので、ホーム全体を屋根が覆っていることが多いです。徐々に近づいてくる列車の音が反響して、さらに気分を高めてくれますね。

いよいよやってきた新幹線。やっぱり長い鼻はかっこよす…

一番後ろの10号車
グランクラスのG

乗車口はホームの足元に必ず書いてあるので、よく確かめましょう。新幹線は車体が長いので、並ぶ場所を間違えると大変。特にJR東日本の新幹線は、東海道新幹線と違って様々な両数の組み合わせがあるので、慣れている方も注意が必要かも。

乗車口では「グランクラスアテンダント」が丁寧にお出迎えをしてくれました。あ、ども…(どうしたらいいか分からん)

車内の設備

意気揚々と乗り込んだ筆者。いかにも位の高そうな雰囲気。

期待通りのゆったりシート。リクライニングもバッチリ。シートは通路を挟んで3列のみ。合わせて18席が用意されています。

席と席の間の窪みには「トランヴェール」のようなお馴染みの車内雑誌と、スリッパが入っています(袋にグランクラスのロゴが入っていましたが、中身は普通です)

荷物棚は電車によくあるタイプではなく、完全に蓋が閉まるタイプ。シートの雰囲気も相まって、飛行機に乗っているような感覚です。

背もたれの謎形状が気になりますよね。上から覗いてみるとこんな感じ。何かを入れたりするためのスペースではありません。

リクライニングをフルに倒すと、このスペースが無くなります。要は、リクライニングを倒したときの限界が予め分かるようになっています。自分がリクライニングを倒すときに後ろを気にしたり、前のシートが気になることが一切ありません。これは嬉しい。普段は後ろを気にして遠慮してしまう筆者も、今回は目一杯倒しました。

ようこそグランクラス

乗車した駅を発車すると、すぐにグランクラスアテンダントさんがおしぼりを持ってきてくれました。

「ドリンクはいかがなさいますか?」

そういえば、ドリンクサービスがあると言っていたような…慣れていないのを悟られぬよう、すみやかにメニューを見て「リンゴジュース」を注文しました(ビールにすればよかった)。座ってホッと一息ついたときのウェルカムドリンクは嬉しいですね(ウェルカムに留まらないのですが)。

クリックで拡大できますよ

「かしこまりました」

ふぅ、乗り切ったぜ…

「お軽食とおつまみもご用意してよろしいでしょうか?」
「あ、はい」
「かしこまりました」

今度は選択肢ないんやな…
ここで素人がバレてしまったわけですが、いただけるものはいただいて損はないでしょう。

そして、運ばれてきたのがこちら。

すごい。机がいっぱいだ。

では、まずは軽食を…

超美味しそう(超美味しかった)。

「軽食」とは言っているものの、もはや「弁当」です。あまり量を食べない方なら、これだけでお腹いっぱいになると思います。シンプルでとても食べやすい献立。NewDaysでこのまま売ってくれれば絶対買う。

緑の箱はデザートです。乗る前にガッツリご飯を食べた方、降りた後にご飯を控えている方なら、お菓子だけもらってもいいかもしれません。

大満足の食事サービス。しかし、どうしても気になるのが「柿の種」です。いえ、柿の種もすごく美味しいけれど、このラインナップの中にいるとどうしても…

市販のよくある柿の種です。ただ、サイズはかなり多め。二人で食べるなら一つで十分だと思います。こんなに食べたら喉が乾いてしまう…

何か飲み物貰おうかな…と思っていると、グランクラスアテンダントさんがせっせと何かを運んでいます。ビール、ウイスキー、ジュース。とっても忙しそう。なんと、ドリンクは「ウェルカム」ではなく「飲み放題」なのです。すごい…ちなみに、ビールはエビスの缶でした。

細かな気配りもたくさん

充電用のコンセントも膝の辺りにあります。USBポートではなく、ソケットを差し込むコンセントです。他にも読書灯が手元にあったり、二人掛けのシートの間には目隠し用の「仕切り板」もあります。知らない人が隣になっても、プライベートな空間がかなり確保されています。

アテンダントさんを呼びたいときには、手元にあるボタンで呼ぶことができますよ。

こんな人におすすめ

  • 寝ない人

    先に書いた通り、軽食がもらえるほか、飲み物も飲み放題です。読書しながら、車窓を楽しみながら…列車で寝ない派の方には、特におすすめです。
    逆に、目的地までしっかり寝ていきたい人には、少しもったいないかも。筆者も寝る派ですが、せっかくだからと楽しんでいるうち、寝ないまま東京に着いてしまいました。また、混んでいるとアテンダントさんが絶えず注文を聞いたりや提供したりしています。ゆったり寝ていくだけならば、グリーン車の方がいいかもしれません。


  • リラックスしたい人

    まず、シートが快適です。格が違います(普通車も全然快適だけど)。また、専属のグランクラスアテンダントさんがいるので、車内販売の方が回ってくるのを待つ必要もありません。安さよりも快適さを取りたいならば、グリーン車よりも思い切ってグランクラスにしましょう。
    逆に、ガッツリPCを使って仕事をする人には、少しもったいないかも。筆者はMacBookを持って少し作業しましたが、あまりにも車内が静かで、打鍵音が気になってしまいました。何より、誘惑が多過ぎて、仕事欲が奪われてしまうかもしれません笑


  • 二人で旅行

    たまの旅行ならば、豪華なシートとサービスに話も弾むはず。ゆったり過ごしているだけでも、特別な時間になるでしょう。一人掛けもあるので、ソロでも最高。
    逆に、大人数や家族揃っての旅行の際は、少し違うかも。基本的に静かで落ち着いた空間となっています。シートピッチも広めに取られているので、席の前後や通路を跨いだ会話には適していません。大人に楽しみましょう。

一度覚えたらやめられない

あまりにも快適すぎたグランクラスの旅。あっという間に2時間が過ぎてしまいました。この快適さを覚えてしまったら、もう元には戻れませんね…困った。もし一度も使ったことがない、使おうか悩んでいるならば、一度は体験してみることをおすすめします。確かにお値段はお高めですが、それに見合うサービスだと筆者は思いました。友人でも恋人でも家族でも、ソロならなおさら。移動時間も楽しく快適に。

・一度は体験すべき
・覚えたら戻れない
・グランクラス最高


  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次