初めての首都高を乗り切るためのコツ・ポイント

誰もが洗礼を受ける「首都高」
しかしその道はロマンの塊
初めて首都高を運転する方へ





首都高速」と「他の高速」との
絶対的違い

  • 直線がほとんどない
  • 合流車線がめっちゃ短い
  • 出口が右側にもある
この先すぐに「自分が」合流する
  • 直線がない=見通しが悪い

    「カーブくらいどこにでもある」と思うかもしれませんが、はっきり言って首都高のカーブのキツさは他と比較になりません。ジャンクションやインターチェンジにある、合流・分岐用の一車線道路があると思いますが、あれが本線上に、二車線であるようなイメージです(実際にはそこまでキツくないが、突如現れる恐怖感がすごい)。ハンドル操作もそうですが、先の見通しが非常に悪いです。直線であっても、上り・下り勾配になっていることがほとんど。


  • 合流が短い=悩んでいられない

    よくある、国道やバイパスに合流する車線の方が長いかもしれません。また、本線のほとんどが片側二車線なので、相手方が別の車線に逃げてくれることはない、と思った方がいいです。相手も事故る。


  • 出口が右側にもある=とりあえず左車線はNG

    たまに、ではなく、結構な数の「右側出口」があります。「出口が近づいたらとりあえず一番左の車線にいよう」というのは首都高では通じません。もっと言えば、右からの合流もたくさんあります。トラップだらけ。

コツ・ポイント①
まずはカーナビに従う

  • 1・2回で首都高を把握することは不可能
  • ルートを大まかに知っているだけで違う
  • 車線上の案内を見てから判断していては遅い
カーナビ無しではあまりにもハードルが高い
  • カーナビ=甘えではない

    元も子もないように聞こえるかもしれませんが、カーナビ以上に首都高の難易度を下げてくれるものはありません。カーナビを過信しすぎるな、みたいな話題がたまにありますが、首都高では逆。己を過信し、目的のICや出口を逃し、動揺しながら走るにはあまりにも危険な道が続きます。普通に走っているだけでも、分岐・合流の連続。「出口名だけ覚えておけば大丈夫」というスタンスは危険です。


  • ルートが把握できる=次の動きが予想できる

    次の分岐が出てきたら左、といった単純な動きに首都高は収まりません。
    上の写真は「中央環状線(C2)」と「5号池袋線(5)」が交差する「熊野町JCT」です。
    ここは片側二車線の2つの路線が平面で交差します。もちろん信号なんてありません。

    筆者はC2を走ってきて、そのままC2を走り続けたい。しかし、C2を走り続ける為には「絶対に一回は右車線に移らなければならない」のです。5号線の人が5号線を走り続けたい人は、同様に左に移ってきます。路線図や地図上では単に交わっているだけですから、直線だと思う人もいるはずです。
    ここに、カーナビの偉大さが極まります。こういったトリッキーさが、首都高の恐ろしいところです。


  • 車線上の案内=最後の確認

    片側の車線だけやたら混んでいることがあります。慣れている車が先を見越して、予め分岐・合流しやすい車線に入っているからです。混んでいるときにその間に入っていくのは至難の技ですし、片側二車線の道でスピードを落とすのは非常に危険です。上記の写真でも、先がキツいカーブになっていて、初めての方に案内をゆっくり見る余裕はないでしょう。

    以前に比べて、案内や掲示板の説明はとても親切になりましたが、それでも難易度はMAXです。カーナビで早めに確認し、最後の確認として車線上の案内を見るようにする。それだけでも、いくらか気持ちにゆとりが持てると思います。

コツ・ポイント
合流は多少強引に

  • 速度を周りの車に合わせる
  • 入りたい意志をはっきり示す
  • 相手が入れてくれると思わない
右のコーンの終わりから合流開始
車線はすぐに消える
  • スライドして入り込むイメージ

    首都高は合流車線の長さが非常に短いです。悩んでいるうちに車線が消えます。上の写真でも、まだ長さが確保されている方です。車線減少が迫ると気持ち的にアクセルが踏みづらくなりますが、しっかりと周りの車の速度に合わせることが大切。斜めに合流するのではなく、しっかり速度を確保して横に「スライド」するイメージでしょうか。

    自分が合流される側に立って考えてみましょう。左から合流してくる車が自分よりも遅いスピードで、自分の前に入ってきたら怖いですよね。しかし、自分と同じくらいのスピードで並行に近づいてきたらどうでしょうか。たとえ車間が近くても、前者ほどの恐怖感はないと思います。

    短い合流車線であってもしっかりと速度を出すことが、スムーズに合流する第一歩です(本当にダメなときはSTOP!)。


  • 何事も意思表示が大切

    ウィンカーを出すのは当然ですが「そこに入りたい」という意志を示すことが大切。これだけだと根性論みたいですが、実際車を運転していると「この車はこっちに行きたいんだな」とか、何となく考えていることって分かりますよね。

    変に迷ったり気をつかったりすると、車の動きにも出ます。相手もどうすれば良いのか分かりません。事故を起こしたくないのは皆同じですから、協力してもらいましょう。


  • 多少強引に

    誤解のないように初めに断っておきますが、「皆いじわるだから入れてくれない」とか「勢いで無理やり入れ」とか、そういう意味ではありません。

    筆者も最初は冷や汗ダラダラでしたが、首都高は普通の高速ではあり得ない車間で合流します。その理由は述べてきた通りです。いつもの広大な三車線のような運転では、いつまでも合流できないし、お互いを危険に晒します。普段からゆとりあるドライバーの方ほど、「ちょっと強引かな」と思うくらいの気持ちで臨んだ方がいいかもしれません(煽り運転ダメ絶対)。

コツ・ポイント
YouTubeで予習する

  • 百聞は一見にしかず
走らないと分からない臨場感がある
  • 道のイメージを掴む

    首都高に慣れるためには、合流の雰囲気や臨場感を体験することが一番の近道です。それが簡単に出来ないから困っているわけですが、それに近い体験なら「YouTube」で出来ます。「首都高 都心環状線」のように検索すれば、ルートごとに動画が山ほど出てきます。

    「事前にルートをシミュレーションしておく」といったアドバイスを見かけますが、大半の方の不安は「道順」というよりも「合流や分岐がうまくできるか」というところにあると思います。こればかりは(首都高では)練習できませんし、動画を観たところで上達はしません。

    しかし、動画であっても一定の雰囲気やイメージは掴むことができます。しかも、投稿されている動画の運転は大抵上手です。迷いのない、お手本のような合流を見ることができます。
    また、道順を完璧に覚えずとも「この道は見たことがある」というだけで、心にゆとりが生まれます。

    事前に通るルートが決まっているなら、一度視聴しておくと多少効果があるかもしれません。少なくとも、ルートマップやGoogleマップを見るよりは、高い効果が得られるでしょう。

首都高に乗るべきではない人

  • 免許を取ったばかりで一人で運転する人
  • カーナビなしで一人で運転する人
車線変更禁止区間も多い
  • 運転技術のオンパレード

    免許取り立ての方にはそもそもおすすめできませんが、一人で挑むのは絶対にやめましょう。
    ハンドル操作の上手・下手の話ではありません。誰もが運転していて「ヒヤッとした」経験があるように、車のスピード感や合流・分岐は、一定の経験を積むことで感性が養われます。

    スピード調節をしながら二車線の合流・分岐を繰り返し、「この先、左方向です」の「この先」がどれくらいなのかを探りながら、突如現れる急カーブを曲がれば、すぐそこに迫る渋滞のテールランプ。

    経験を積むことはとても大切ですが、首都高は「ヒヤッと」で済まない危険性が非常に高いです。
    脅かしているようで申し訳ありませんが、それくらい気を付けて臨むべき道路です。
    少なくとも「免許を取った記念に」みたいなノリは本当におすすめしません。


  • 動揺は事故のもと

    カーナビがない車では難易度がグッと上がります。一人で運転するのはおすすめしません。

    東京に土地勘があっても、運転経験が長くても、首都高を安全に運転できるかは別問題です。首都高の怖さは、途中の分岐や合流にあるからです。目的地にたどり着くというよりも、途中で事故やトラブルを防ぐ意味で、カーナビの存在は大きいです。初めて首都高に臨むときには、せめて同乗者にサポートをお願いしましょう。

    遡れば、どの車にもカーナビなんて付いていませんでした。父がハンドルを握り、母が地図を片手にサポートしていた姿をよく覚えています。スマホも何もない時代に、首都高を運転していたドライバーは本当にすごいと思います。

首都高はロマンそのもの

以上、筆者的「首都高の乗り方とコツ」でした。走りたくなりましたか?笑
運転に慣れてくると首都高は本当に素晴らしい道路です。運転しても楽しい、乗ってるだけでも楽しい。もはやアトラクション。

中央環状線(C2)の東側は、荒川に沿って進みます。遮るものがなく、高架自体も高いため、都心部の遠景を一望できます。

筆者的は千住周辺から見るこの遠景が好き。ワクワクと切なさが共存してる感じ。みんなどんな生活を送っているんだろうか。規格外のスカイツリーが突き刺さってから、近未来感が増して更に魅力的になりました。

都心に突っ込めば、ビルに取り囲まれます。電車から見る景色とはまるで違って見えるから不思議。見づらいですが、この先にガラス張りの歩道橋があります。その橋を避けるように渋谷に向かって急降下。人々に見下ろされ走り抜ける、このSF感がたまりません。

4号新宿線は路線図上だと真っ直ぐですが、実際にはカーブ・アップダウンの連続です。都心を走る首都高ですが、トンネルも橋もあります。車好きでなくとも、車を走らせる楽しさを覚える人は多いはず。
大橋JCTの2回転は何回通っても目が回ります笑。通ったことのない方はぜひYouTubeでご覧になってみてください。

より首都高に興味を持った方、走りたくなった方もいるでしょう。走るのが怖くなった、走りたくなくなった方もいるかもしれません。でも、むしろそんな心配性のあなたであれば、絶対に大丈夫です。

他の街にも都市高速はたくさんあります。うちの街も負けてないよ、という方もぜひ、走ってみてください。都市高速好きなら、きっと魅了されるはず。私もいつか他の街の高速を走ってみたいと思っています。

筆者なりのコツや心得をお伝えしましたが、首都高を運転される際には、実際の道路状況や交通規制に従ってくださいね。安全第一でお願いします!それでは、快適な首都高ドライブになることを願っています。


「首都高」って響きが好き
詳しくは「首都高速道路」
公式サイトをご覧くださいね

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次