【中央線沿いに住みたい人へ】朝ラッシュの混雑の話


これからJR中央線沿いに
住みたいと思っている人へ
中央線の「朝の混雑具合」の話





その名に恥じぬ天下の「中央線」

  • 真ん中通るは中央線
  • 勝負はオレンジ色
  • 毎日朝に使うなら一旦考えた方がいい

「中央線」と聞けば、オレンジ色の電車を想像する方も多いでしょう。
実際のJR中央線は東京から甲府、塩尻を経由し、名古屋まで結んでいます。東京の中央ではなく、本州の中央を通っているわけです。しかし「中央線」の話となると、いつも東京のことばかり。申し訳ないとは思いますが、今回もそんな「オレンジ色」の中央線についてお話ししていきます。

中央線は大きく以下の3つに分かれます。

  • 名古屋〜塩尻
    (JR東海が管理する中央西線)


  • 塩尻〜高尾
    (JR東日本が管理する中央東線)


  • 高尾〜東京
    (JR東日本・オレンジの電車)

細かく言えばもっと色々ありますが、電車の運行形態で言えばこの3つと言っていいでしょう。

そして、この高尾〜東京のオレンジゾーンが最高に混雑するわけです。おしゃれだしお店もたくさんあるし、やっぱり中央線沿いに住みたい…分かりますその気持ち。でも、もしもこれから毎朝電車で通うことが確実なら、一旦考えた方がいいかもしれません。一旦落ち着きましょう。

なお、データや体験談を基にしてはいますが、筆者の主観も多く含まれています。参考程度にご覧くださいね。

全体的なイメージ

  • 座席は始発駅で埋まる
  • 早起きしても座れない
  • 何本待っても同じ

上りの中央線の始発駅は「大月・高尾・八王子・豊田・立川・国分寺・武蔵小金井・三鷹・中野」と多くあります。線を引いた大月・高尾駅より東側の駅では、基本的に座席は始発駅で埋まります。始発の次の駅に住んでいるから大丈夫、とかそういうのはありません。ちなみに朝の通勤時間帯、八王子から東京までは約70分、最も早い通勤特快で約60分です。

時差通勤で早起きすれば良いと思う方もいるかもしれません。確かに満員電車ではありませんが、それでも座ることはできません。朝5時台の電車でも、平気でみんな立っています。

東京近郊であれば他の路線も同じことですが、1本2本電車を待ったところで、混雑は何も変わりません。いつまでも乗れませんので、意を決して人の壁に飛び込んでいくことになります。

乗換駅は座るチャンス

  • 他路線との接続駅がチャンス
  • 三鷹・吉祥寺・荻窪が鍵
  • 後は潔く体力温存

長い距離を走る電車でありながら、中央線は高尾から東京まですべて東京都内を走っています。他路線の場合、都内に入るまでひたすら人が乗ってくるイメージですが、中央線は途中駅でも比較的、人の乗降があります。

他路線との接続駅はチャンス。乗降が期待できる駅は以下の3駅です。

・三鷹  
 JR中央線各駅停車の始発駅

・吉祥寺 
 京王井の頭線の始発駅

・荻窪  
 東京メトロ丸ノ内線の始発駅

どの路線も都心に向かいます。丸ノ内線が通る新宿駅・東京駅は中央線でも行けるほか、各駅停車に至っては御茶ノ水駅まで全く同じルートを通るため、ものすごく人が降りるわけではありません。しかし、すべて始発駅ということもあってか、どの電車に乗っても一定の乗客が降りていきます。どうしても座りたい方にとって、この3駅は数少ないチャンスと言えます。

この3駅を過ぎたら仕事に向けて、潔く体力温存に努めましょう。

確実に座る方法

  • 始発がある駅に住む
  • 始発電車に乗り換える
  • 特急に課金する

朝の中央線を快適に過ごす、最も確実な方法は始発駅に住むことです。先に始発駅を挙げましたが、実際の現状は以下の通り。

AM4:00〜AM10:00の始発本数(平日)

・大月   … 4本
・高尾   …38本
・八王子  … 5本
・豊田   …16本
・立川   … 2本
・国分寺  … 0本(土休1本)
・武蔵小金井… 8本


各駅停車のみ(東西線直通除く

・三鷹   …45本
・中野   …23本

なお、始発駅はやはり人気がありますので家賃もお高めです。

始発駅で一旦降りて、始発電車に乗り換えるのも手です。しかし、始発狙いの人は多く、始発電車が来る10分以上前から列ができているとか。

最も確実なのが、三鷹で各駅停車に乗り換えることです。三鷹〜御茶ノ水間は、線路が4本の複々線になっています。オレンジ色の電車はすべて快速、黄色の電車はすべて各駅停車で運転します。快速が止まらない駅は東中野・大久保・代々木・千駄ヶ谷・信濃町・市ヶ谷・飯田橋・水道橋です。なお、各駅停車はそのまま総武線に行ってしまうため、神田・東京は快速でないと行けません。

平日であれば、東中野・大久保の2駅多く停まるだけで、新宿までの所要時間は3〜4分しか変わりません。御茶ノ水まで行くと10分程度変わってきますが、座っていけるのであれば許容範囲でしょう。三鷹でも5〜6分待てば電車が入ってくるので、ロスタイムも少なくおすすめです。

中央線には「特急」と言う課金技もあります。八王子駅には特急あずさ・かいじ・はちおうじ・成田エクスプレス号が、立川駅には加えて特急おうめ号も停車します。成田エクスプレス号のみ、国分寺・三鷹・吉祥寺にも停車します。どうしてもと言うときには、ぜひ活用しましょう。料金は買う時期や場所によって異なりますので、詳しくはJR東日本公式サイトをご確認くださいね。

通勤特快に気をつけろ

  • 国分寺から新宿までノンストップ
  • 30分近くドアが開かない
  • 10分くらい速い

中央線の朝を語る上で外せないのが「通勤特快」です。オレンジ色の中央線には、各駅停車・快速・通勤快速・中央特快・青梅特快がありますが、さらにその上を行く通勤特快があります。平日の朝のみ、一日4本運転されています。

特徴は、国分寺から新宿まで約30分走り続けること。聞くと便利そうですが、ものすごく混みます。駅に何度も停まるのも疲れますが、鮨詰めの状態で30分立っているのはかなり苦痛。実際、駅や車内で「体調の優れない方は後の電車をご利用ください」と放送されることも。降りたい駅で降りられないことはもちろんですが、普通に乗るだけでも注意が必要な電車です。

なお、国分寺〜新宿間の所要時間は、他の快速に比べて10分くらい速いです。車内で安定したポジションに収まってしまえば、楽かもしれませんね。

朝の中央線のいいところ

  • 山ほど電車が来る
  • 駅がきれいで充実している
  • あまり揺れない

時刻表なんて見なくても、山ほど電車が来ます。朝の通勤時間帯は2〜3分間隔で運転されています。三鷹駅の場合、8時台の新宿方面は各駅停車と合わせると、43本もの電車が発車しています。駅に行けば電車がいます。

中央線は2010年、立川〜三鷹間が高架化されました。それに伴なって高架化された駅はすべて新しくなり、とてもきれいです。ホームの屋根が高く設定されており、開放感があります。それ以外の駅も、駅ナカや駅チカにたくさんのお店があり、早朝から営業しているお店も多いです。他のJR線と比べると、明らかに一線を画す路線です。

立川〜三鷹間の高架化は比較的最近のことですが、三鷹〜東京間はもっと前から高架化・立体化されています。現在では、日野〜東京の約40kmの間、踏切は一つもありません。また、地図を見ると一目瞭然ですが、定規で引いたかのように、一直線に線路が敷かれています。新宿の直前までカーブがなく、混雑していても揺れに翻弄されることは意外と少ないです。

朝の中央線の困ったところ

  • とにかく混む
  • ちょいちょい遅れる
  • 振替手段は少なめ

常に混んでいます。早朝に乗ろうが、9時を過ぎてから乗ろうが、関係ありません。東京方面の話が中心になっていますが、高尾方面もそれなりに混んでいます。通勤もさることながら、通学する人も多いため、時間によって客層が変わっていく感じです。満員電車の回避はできますが、座ることは難しいでしょう。

列車の本数が非常に多いため、ちょいちょい遅れます。混雑で乗降に時間が掛かったり、荷物が挟まったり。小さな遅れが積み重なっている感じです。慢性的で致し方ない部分があるのかもしれません。毎日ハラハラするほど、遅れるわけではありません。

それでも、完全にストップしてしまうこともあります。そんなときの「振替乗車」の手段が、やや少ないです。東京西部には、中央線の他にも京王線や西武線が走っています。しかし「並行」とは言えない距離で離れています。どの路線も「横」に走っていて「縦」に走る路線があまりありません。縦に走る西武国分寺線や西武多摩川線、バスなどはありますが、中央線の膨大な輸送量を捌くには輸送力不足です。運転見合わせとなったときに「横を走る私鉄で行こう」と簡単に出来ないのが、困った点です。

あるある「Q&A」

JR東日本アプリより
  • 人身事故でよく止まるのでは

    確かに多いけど、特別多いとは感じないです。そもそも中央線に限らず、自分が使っている路線に対して「また止まっているのか」と思っている人は多いのではないでしょうか。ただ、2021年度は全国で3番目に多かったそうです。

  • 常に遅れてそう

    確かにちょいちょい遅れるけれど、困ったことは特にないです。山ほど走っていますから、遅れていたとしても1・2本前の電車がいます。

  • これから中央線沿いに住みたいと思ってる

    絶対に中央線でなくても良いのなら、中央線以外の沿線にした方がいいと思います。その方が家賃は安いし、電車は空いているからです。休日であっても、満員電車とまでは言わないものの座れないくらいには混んでいます。その分、沿線施設の充実度は都内屈指。都心に出ずとも、2・3駅移動すれば、大抵の用事は事足ります。休日の移動を近場で済ませたい方には合っているかもしれません。

その他中央線に関して

  • なんとなく雰囲気が私鉄っぽい
  • ちょっとずつトイレがつき始めた
  • グリーン車がつく
JR東日本プレス資料
「中央快速線等へのグリーン車サービス開始時期および車内トイレの設置について」より

高架化に伴って多くの駅が一新されたのは先に触れましたが、電車の運行形態に関しても「私鉄っぽさ」があります。三鷹・国分寺・立川では、快速と特快の接続がよくあります。他のJR線で、ここまで抜かしたり抜かされたりする運行形態はあまり見ません。昼夜を問わず過密に運転されているところに、私鉄っぽさを感じます。

実はひっそりと、中央線のオレンジの電車にもトイレがつき始めています。2023年度末を目処に、すべての電車に設置される計画で、4号車に設置されています。「その分座れなくなる」との声もあるようですが、いざと言うときに避難できるのは筆者的にはありがたい(朝ラッシュ時にトイレまで移動することは不可能ですが)。

中央線にもグリーン車の導入が決定しています。現在の10両編成の中にグリーン車2両を追加し、12両編成となります。座って通勤したい方には非常に嬉しいニュース。計画が発表されたのは2015年で、当初は2020年サービス開始とされていました。しかし、延期に次ぐ延期で、現在は2024年度末以降の開始とされています。「本当にできるのか」と思われそうですが、各駅で懸命にホームを伸ばしているのが見えますので、必ずできるでしょう。

唯一無二の中央線

電車に関しては何かと悪く言われることの多い中央線。紛れもなく混雑は日本トップクラスです。改めて申し上げますが、なんとなくオシャレそうだから、通勤に便利だからという理由だけで中央線を選ぶのはおすすめしません。家を借りる前に、実際に通勤時間帯に最寄駅から電車に乗ってみるといいでしょう。

一方で、場所やタイミングを見計らえば、噂ほどひどいわけでもありません。また、沿線環境やカルチャーは、他の路線にはない唯一無二のもの。新たな作品や流行が沿線からどんどん生まれています。ネットや雑誌で、いつも使っている駅や街が取り上げられることもしばしば。先にも書きましたが、休日にわざわざ都心まで出なくても、たくさんのお店や公園があります。朝の混雑を差し引いても、素敵な東京生活を送れることでしょう。ぜひ一度、沿線を訪れてみてください。あなたにとって住み心地の良い街が見つかることを、今後も中央線が愛され続けることを願っています。


沿線には魅力がいっぱい
詳しい情報は関係箇所の
公式サイトをご覧くださいね。

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次