【エッセイ66】1年目報告「月間最高7000PV・フォロワー0人」




本ブログは、2022年2月1日に開設しました。今日で一年を迎えます。1年目の現状は下記の通りです。


・月間最高PV:7976 
・Twitterのフォロワー数:0人
・Instagramのフォロワー数:15人


個人的には十分満足している数字です。どこの誰が書いたかも分からない記事を、こんなにたくさんの人が見てくれるのだと感動しています。Twitterはただ記事更新を流しているだけなので、0人で当然です。 Instagramは記事内で使用した写真を流していますが、そちらの方は多少需要があるようです。15人もフォローしてくれていることに感謝しかありません。

ブログを始めるまでは「見る専」でしたが、「映え」や「バズり」の奥深さを学びました。話題の写真や動画が毎日のように流れてきますが、そう簡単に真似できるものではありません。やってみないと分からないことばかりです。

当初のブログ名は「F次朗のエモーショナル・ラボラトリー」という名前でした。当時は悩み抜いて命名したつもりでしたが、今思えば、全く訳の分からない名前です。こういう響き重視の名前は、ある程度筆者にブランド力がついてから挑戦するべきです。「エモいことを研究する」がテーマでしたたが、大半の記事はエッセイでした。

その後、「F次朗のソロソロ・ヨーソロー」というブログ名に変えました。多少マシですが、まだよく分かりません。「ソロ活を楽しむ」がテーマで、「エモい」よりは分かりやすい基準でしたが、読者からすると「何のブログなのか」伝わっていなかったでしょう。1ヶ月足らずでやめました。ちなみに、ここまで書いた記事のPVはゼロに等しいです。

そして、今の「トランスポーテーション!」に落ち着きます。その名の通り「交通」がテーマです。背景写真やサムネも、交通系を意識して取り入れました。この頃から、PVが目に見えて増え始めました。現在も上昇傾向です。

コンセプトに沿ったデザインや記事にする。これが中々できませんでした。まず、コンセプトが定まりません。どんな人がターゲットで、どう役に立ちたくて、そのためにどんな商品を作ればよいか。仕事だったら当たり前の話なのに、なぜかブログだとすべてをすっ飛ばして「自分の好きなこと」を優先してしまいます。著名な人になればその内面が見られるエッセイ的な話に需要が出てきますが、筆者のような凡人の場合には社会的な信用と魅力が伴っていないので、ただの雑談になります。筆者だって、街中で見知らぬ人が話している思いつきや雑談に耳を傾けようとは思わないでしょう。

とは言え、上司や株主がいるわけではありませんから、どんな記事を書こうが自由です。誰かに添削されたり、許可を得ることなく、思うがまま気ままに書く。変えたいと思ったときに変える。会社勤めの方ほど、このストレスフリーの魅力は分かってもらえるでしょう。本来の目的からは逸れますが、ブログを続けられている大きな要因の一つです。

ブログ名やテーマをコロコロと変えてきましたが、やりたい事や自分自身を曲げたわけではありません。むしろ、記事とPVを見比べて「自分の持っているこういう知識や経験に需要があるのか」と整理されていきました。これは、ブログのみならず仕事やプライベートにも役立ちました。
書くべきテーマや内容が分かっていくにつれて、完成させるまでの労力・時間共に少なくなっていきました。やることが明確になってくると、あとはひたすら作業をこなすだけなので、どんどん書けます。つまるところ、無理に面白おかしく書こうとしたり自分にないものを書こうとするから疲れるわけです。元々自分が持っているものをほんの少し工夫して、それでも足りないところは調べてやれば世の中に需要があることを、PV数が証明してくれました。

自分には何もない、と思っている方でも人にはない経験や知識が必ずあるはずです。それはプラスのものとは限りません。むしろ、自分では解決できない課題や悩みがあるから、ネットへやってくるのではないでしょうか。テーマやネタを探す際には、自分が苦労したことや苦い経験を思い返してみると、書きやすいと思います。

ざっと書きましたが、ブログの滑り出しとしてはかなり下手な方でしょう。偉そうなことを言える数字でもありません。もしこれからブログを始めようと思っているなら、こうはならないよう参考にしていただけると書いた甲斐があります。
もうしばらくは、自由気ままにやっていきたいと思います。今年度もよろしくお願いいたします。

  • URLをコピーしました!

東京で暮らす会社員です。
都市や交通について気ままに発信しています。
それなりにリアルかと思います。

目次